玉露追憶譚その6~自作メニュー本レイアウト組み込み・自作戦闘の問題・大容量の問題~

昨日丸1日寝てしまった。
気が付いたら今日の7時だった。

やべえ・・・今日も休みだったから良かった。
今から自作メニューと自作戦闘弄る。

システム機能は完成しなくてもレイアウト配置だけでも
全部貼り付けときたいね。

↓作業中画面
自作メニュー作業中

これが長編のシステムグラフィックとなります。
もう閉鎖されたサイトのシスグラなのですが表作品から引っこ抜いてきました。
半透明処理あたりはツクール組み込み段階で実際作業します。

My WindowとEDGEで編集してます。この画面もEDGEの作業画面です。
このふたつのツールは8ビット256色で保存するので減色しないで済んで楽ですな。
レイヤーを使ってどのピクチャーと統一するのか、配置座標やパレット整理(透明色指定)など
色々練っている最中です。

ツクールで実際、構成する際は楽キーのピクチャー表示機能とTkoolBridgeで変数と番号を
組み込んでレイアウト完成って所でしょうか。

実はシステムグラフィックのデザインは
枠と窓と背景を別々で5種類ぐらい変更できる機能付けたいなと思ってます。
窓表示は半透明か無透明かも指定できるようにしたいですね。
なるべくシステムもプレイヤーに弄れる構成を目指したいと思います。

この機能はSSの右の画面で【設定】という所で組み込みます。
自作戦闘と比べて動作負担は少ないはずなので自作メニューは
その辺の心配はないかな・・・と。

自作戦闘は動作処理のエラーやバグもめんどいけど動作負担の考慮も
かなりめんどくさいよ。試作版の時も動作負担が一番気に障った。
やたらとキャラやピクチャーとかグラフィックをひたすら動かしたりする場合、
動作処理に気を配ってイベントコマンド入力した方が良い。後々、後悔した。

今回は前回の失敗とか経験を踏まえて何とか自作戦闘完成させたい所。
来年の3月までに作れればいいな。まあいつも期限エターなってるから
贅沢言えないけど。

後、長編の作品の音素材を圧縮やMP3→MIDI素材に変更したりしたけど
それでも150MBが限度かもしれない。

100MBに絞るのは少し難しいかもしれない。
ピクチャー素材もまだどんどん増えるしマップデータとかも
倍は増やすしちょっとなんともいえない。
このバカみたいな容量の作品を仮に祭りに提出する場合、
サーバーの保管問題が出るけどこれは分割してもらうしかないよな・・・。
アップローダーはファイアストレージで出せばいいだけの話だから
その辺は良いんやけど後は管理人にそこらへん配慮して頂けるか・・・。


現状こんな所です。
作業量が鬼レベルなので今年完成とか無理でしょう。
強いて言うなら去年~今年もっと固めときゃ良かったんやけど駄目だったな。
本作完成は来年~再来年目安で地味に作って行こう。
自作メニューと自作戦闘の体験版は先述通り3月ぐらい目安。

さて作業入ろうか。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。