娘様城冒険記~完全版~制作日記その11

あけましておめでとうございます。Trebble_Maxです。
娘様城冒険記のtktk記事久々になります。

今年の自分の目標は、「原点回帰」という事で初心に帰って活動すると決めたので
ブログ更新はなるべくまめに行いたいと思います。

原点回帰する上でしたい事は3点。
「2009年に出来た事・出来なかった事を洗い出す」
「今現在で出来る事を活かしてそれを消化する」
「逆に昔出来た事・以前あった持ち味の利点を取り戻す」

ちょうど現在、プロット作成に入ってます。
これまで僕、あまりしっかりしたプロットを作った事がなくて
ブログに適当に書き連ねた程度だったけど
今回はシナリオをしっかり作りたいので基盤はしっかり整えて作ります。

まずは世界観やキャラ・ストーリーの流れなど
ゲームの基本的な設定や簡単なフローをざっとまとめて作成します。

プロットが出来上がったらその後は、タスクスケジュールの詳細を決めて
シナリオをパート別構成で分けて制作取りかかります。
↓現状でざっくり分けるとこんな感じです。


■序章「プロローグからオープニング」
起承転結の「起」の部分です。物語の始まりやオープニングロールムービーも
ここで入ります。今作は、OP/EDともに動画(avi)とかじゃないけど
過去作のGW2011(玉露Gハンター)のようなムービー的なシーンを入れます。
SSの次にゲーム本体で第一印象になるのでインパクトといいますか
魅力あるシーンを構築して決めるのがポイントになりそうです。

■第一章「冒険開始」
起承転結の「承」の部分です。
ここから本格的にプレイヤー操作可能になり、冒険をしていくようになります。
ここでゲームの世界観や空気感を伝え、メニュー操作やシステムなどを
理解してもらいプレイヤーに実感させます。

■第二章「冒険進行」
起承転結の「承」の部分の後半と言ったところです。
新しい次のステージで探索しながら大体この辺りでプレイヤーも
操作に慣れてくる想定です。
紅白2009年の体験版ではこのパート(鍾乳洞編)までが含まれています。
完全版では今までのシナリオもリメイクで所々変わり、以降第三章から
新たに続編が追加されます。

■第三章「回想シーン」
ここでは起承転結でいうと「承→転」の代わり目を位置とします。
今回の物語のきっかけとなる部分をゲームシーンで描写していきます。
この辺りは以前ちょくちょく手を付けていたのですが自分の実力不足もあり、手づかずでエターなっていました。
逆に言うとここが自分にとってシナリオ作る上で一番の難関になりそうです。

■第四章「物語の展開」
起承転結の「転」の部分。ここから物語を盛り上げていきます。
この章は、今年から新規で加わったシナリオなので全くゼロからの設計です。
作中にイベントバトルの連戦や逆転劇を入れて行こうかなと思ってます。

■終章「エピローグからエンディング」
起承転結の「結」の部分。物語はクライマックスに差し掛かります。
締めのイベントがかなり肝になってくるので「PIAIして良かった!」と
思わせる内容にしっかり仕上げたいですね。
また裏ダンジョンやおまけ部屋などもここに位置します。

とまあこんな感じで考えてみました。

シナリオ演出は、実は得意ではないのですが
今回は「量より質」に物量かけて新しい分野に挑戦したいという
想いもあるので修行としていつもより頑張りたいと思います。

今回、ガチでエターなった作品を再構築していくので昔に戻った感じですね!
出来るだけある程度、間を開けないように頑張ります。ではではー。

【作業BGM】ヴィーナス&ブレイブス Venus&Braves 「Waltz For Ariah」
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。