娘様城冒険記~完全版~制作日記その12

どうも、Trebble_Maxです。
年末年始と言う事もあり、連日でtktkしてます。
今日は娘様城冒険記tktkのきっかけについて話したいと思います。

娘様城冒険記は紅白2009(No.25)に僕が初めて祭り出場した作品です。(※tkゲー自体は4作目)
魔王軍の子供達(娘様・ハーナス・ダークネス・ドラ子)と
娘様軍(マッシュ・ゲーフィー・ドラゴンナス・鳥人間)の8人パーティで
娘様城の近く鍾乳洞に眠る埋蔵金を求めて冒険に出掛けるほのぼの和風系短編RPGです。

まず「娘様軍ってなんやねん!わからへんねん!」って人は、
最初はもしもコレクション5と9をプレイする事をお勧めします。
当時初めて知ったのもこのもしもコレクション5だったと思います。
かなりクセがあって好き嫌い分かれますがあの辺り作品が結構集まってますよ!

話は戻りますが、そもそも娘様軍ksg作りたいなーと思ったきっかけが
先代の娘様軍ツクラーが作った「もしも娘様軍幻想郷」や「もしも娘様軍引っ越し」で何か他のもしも作品とは
違う雰囲気に魅かれてた後、「よっしゃ、俺も作ったるばい!」と
意気込んだのが最初のきっかけだった気がします。

でも普通にそのままインスパイアで影響受けて同じようなものをtkってもな・・・と
思いながら考え付いて作ったのが「娘様城冒険記」でした。

当時、本作を作る上であった思想が4点。

1.娘様軍で普通にRPGでゲームtkりたい!
2.普段、一緒に登場しない魔王軍メンバーを娘様城に招いて冒険させたい!
3.もしも娘様軍引っ越しのような和風テイスト満載の世界観を演出したい!

と言った感じでした。
ですがこれだけでは、ただのキャラゲーになりかねません。
物語の先行く展開がハッキリしていないので雰囲気ゲーで終わりそうな気がしました。
今回リメイクする上で当時のスタンスも踏まえつつ、新しい項目を4点追加しました。

4.色んな平行世界・設定が繋がった新しいもしもストーリーを作ってみたい!
5.「過去と現在」をテーマとして物語で描きたい。
6.「理想と現実」で悩み切磋琢磨するキーパーソンのキャラ人生模様を描きたい。
7.「破壊と創造」の繰り返しで見えてくる「絶望と希望」を表現したい。

これによって
1・2・3:ほのぼのした普通の冒険

4・5・6:事態が急展開。事件に巻き込まれる。

7:冒険の末に見い出される結末と真実

という体験版にはなかった新しい展開の可能性が生まれました。
完全版では初期のスタンスを引き継ぎつつリメイクならではの内容で
洗練したシナリオ設定に作り変えて行きます。

話が長くなりましたが以上です。
明日も引き続き今作の話をしていきます。ではではー。

【今日のBGM】Suara - 凛として咲く花のように
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。