娘様城冒険記~完全版~制作日記その22


こんにちは、Trebble_Maxです。
昔のデータ弄ってると「懐かしい!」と思いつつも乱雑でわからないw
一つ一つ確かめながら新しいデータに移行してる最中です。

今週は、昔のフォルダのデータ整理とUIのデータをtkってます。
今回の記事で上記の2点について記事にしましょう。

-----------------------------------------------------------
①データ整理:リネーム管理とサウンド容量の削減のコツ
-----------------------------------------------------------

昔のデータを覗いてみるとファイルが乱雑に入れ込まれていたので
今後、体験版と比較してデータ量が大きくなる事を想定して
不要なデータを削除したり新規追加するに当たって
新旧まとめてリネームして管理しやすいようにします。
時間はかかりますが出だしの準備として整えておいた方が
後々のtktkも楽になるので。

容量をスマートに抑えていくのであれば必要な事ですね。
特にSE/BGMはかなり容量食ってしまいます。
昔のzipを覗くと無圧縮の音声データもぼちぼち転がっているので
今回はまとめてデータ圧縮も同時にする事にします。

そこで公式サイトの「ツクールWeb」で配布している
「ChangeWave」を使って音声圧縮のテストをやってみました。
検証結果は、↓に載せておきます。

-----------------------------------------------

WAVEデータ一括変換ツール■Change Wave■
http://tkool.jp/support/download/rpg2003/change_w
ChangeWaveサンプル

・サンプル素材
 remember.wav(1411kHzの無圧縮 - データサイズ:1504KB)

・サンプリングレート変換(スピーカー設定はステレオのみで検証)
 【ケース1】8kHz ・・・ データサイズ:70KB
高音質がごっそり抜けている。
基本的には非推奨だが特殊な演出時にはあえて音質ごっそり落として使うのもアリ。

 【ケース2】11kHz・・・ データサイズ:97KB
AMラジオやLPレコードぐらいような音質。聴けなくもないが音質はかなり落ちている。
レトロな感触のサウンドに加工作るとしたらこの品質の方が面白いかもしれない。

 【ケース3】22kHz・・・ データサイズ:191KB
ある程度音質は保たれているが高音域にややノイズが混じる事も。個人的には妥協できる品質。

 【ケース4】44kHz・・・ データサイズ:379KB
容量に余裕があれば推奨。ほぼ高音質で音質的には問題ない。

・Change Waveの欠点
 SEのようなワンタイムで再生するような音声素材では問題ないが
 ループ再生用BGM音源としてはPC設定環境によっては音が微妙に
 途切れる場合もあるので圧縮はやや不向き。
 ここは妥協するか原曲のままインポートするかツクラー次第。

以上です。
ざっくり簡単に1日で検証したのはこのくらいですね。
本作では、基本22kHzと44kHzでデータによって使い分けて圧縮しようかと思います。
↓続いて次のお題です。

-----------------------------------------------------------
②UIデータ:テキスト作りと自作メニュー設計仕様作成
-----------------------------------------------------------

■ツクールウインドウクリエイター Ver0.34
http://www.geocities.jp/viptkool11_1/11th_50_.zip
WinTktkCreサンプル
-----------------------------------------------
【手順その1】出力するテキストを決める!
-----------------------------------------------
まずは作りたいメニュー内容を設計書としてまとめます。ツールは文書書ければ何でもいいですが
分かり易くまとめたい場合は、エクセルなど表グラフでもまとめられるツールがあるとなお便利です。

次にツクールウインドウクリエイターに入力して画像で書き出す為の
「テキスト・ロゴ」をテスト表示してメモ帳やらエクセルなどにネタをストックします。
ついでに制御文字\c[0]も打っておきましょう。色番号は本番で決めるのでここでは0にしておきます。

※ツクール本体では\C[0]で本来、「ローマ字は大文字で適用」なのですが
ツクールウインドウクリエイターでは、「ローマ字は小文字で適用」します。ここは注意!


この時点で同時にレイアウト配置をある程度、考えたりして設計をしてもいいかもしれないですね。
作ったテキストは、【手順その3】の書き出し本番でコピペして使います。

-----------------------------------------------
【手順その2】システムグラフィックを決める!
-----------------------------------------------
ウインドウやテキストのカラー・矢印・タイマー数字などを表示する為の
「システムグラフィック」を決めます。

 素材の入手自体は、
  ① ツール同梱されている素材
  ② 配布サイトからDL
  ③ 自作素材をtktk


自作であればEDGEやらAzPainter・Photoshopなど画像編集ツールでtktkしましょう。
今回は、簡単に説明したいので自作素材のtktkの詳細に関しては内容省きます。

後、もう一つ。素材を決める際の考察ポイントは、

  ① シスグラで自作メニュー・ピクチャー化する必要はあるか?(なければ【手順その3】は必要なし)
  ② どんなテキストカラー・フォントが欲しいのか?
  ③ デザインテイストのテーマは何か?(例:和風・中華・シンプル・SFサイバー系など)


最低、この3点は考慮してシステムグラフィックを決めましょう。

-----------------------------------------------
【手順その3】ツクールウインドウクリエイターで書き出し
-----------------------------------------------
【手順その1】【手順その2】で下準備が出来たら実データ本番やります。
昔は「MyWindow」という元祖ピクチャー・システムウインドウ作成ツールがあったのですが
残念ながらサイトが閉鎖してDL出来ないので去年ツクスレで
配布された「ツクールウインドウクリエイター Ver0.34」を使います。

【手順その2】で決めたシステムグラフィックを適用させた後、
【手順その1】でストックしたテキストをそれぞれ仕様メニューに合わせて
コピー&ペーストします。この時に初めて制御文字\c[0]に希望の色番号を当てます。
サイズ・座標や余白・透明度設定も今回は画像書き出し用にキッチリ決めて設定します。
より細かな画像書き出しの方法や企画設計の立て方は、↓過去の記事参照して頂ければと思います。

■娘様城冒険記~完全版~制作日記その21
http://trebblemax.blog45.fc2.com/blog-category-8.html

最後、設定し終わったらプレビュー確認して設定決まったらもう一度メモするなり画面キャプチャで
画像保存して置く事をお勧めします。念の為、修正用の設定記録バックアップです。
後は、書き出してツクール実装すれば完了です。
この続きの部分になるツクール実装作業の記事は、こちらのtktk本番時にでも書こうと思います。
多分、だいぶ先の話になると思うので「さっさと教えてくれ!」という方は、
専門のチュートリアルサイトでYADOTというサイトがあるので
基礎的な部分はそこから学べると思います。↓にリンクを張っておきますので良かったらぜひ。
続きの内容としては良いかと思うのでツクール上で自作メニューの実装がわからない人は、
↓こちらをまず参考にどうぞ。

■YADOT
http://yado.tk/
http://yado.tk/2k/08_system/200_kiso/

-----------------------------------------------

以上です。大体、こんな感じで先週は作業やってました。
来週もフォルダ整理とUIの続きの話にしようかなと思います。
ではでは~。

【作業BGM】NOISEMAKER 「SOMEBODY WANTS DAYS YOU CLOSE」MV
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。